自己破産の基本的な知識と流れを詳しく説明しています。

財産がある場合

財産がある場合(管財事件)の自己破産の流れ

破産申立て

住民票を届け出ている所ではなく、実際に住んでいる所在地を管轄する地方裁判所に破産の申立てをします。

裁判所書記官と面談して、書類に不備がなければ申立ては受け付けられます。
書類に不備があった場合は不備の内容を教えてくれます。

予納金を裁判所に収めると、裁判所より受理証明書が発行されます。

  ↓  1〜2ヶ月程度

破産審尋

破産審尋とは、裁判官との面接のことです。 面接時に質問される内容は、破産に至るまでの経緯など申立てを行うときに提出する書類とほぼ同じ内容で、通常は10人〜20人の集団面接が行われます。時間にして15分位です。

また、財産負債関係が簡素な場合は省略されることがあります。

  ↓  1週間〜1ヶ月程度

破産手続開始決定

破産審尋によって、裁判所が借金を返済出来ないと判断されると、破産手続開始決定がなされます。

  ↓  財産がある場合

管財事件

免責申立て

現在、自己破産の申立てをした時点で免責の申立ても行ったものとされていますが、 そうでない場合は1ヶ月以内に免責の申立てをする必要があります。

  ↓  1〜2ヶ月程度

免責審尋

免責審尋という裁判官との面接が行われます。破産審尋と同様に10人〜20人の集団面接で、時間にして15分位で終わります。免責不許可事由がなければ、1〜2ヶ月後に免責が決定します。

  ↓  1〜2ヶ月程度

免責決定

免責決定が出されると官報で公告されます。

  ↓  2週間程度

免責確定

免責が確定すると、破産申立てをした時点までの全ての借金返済を免除されます。
また、職業の制限や破産者名簿への記載もなくなります。

※破産申立てから免責確定までは6ヶ月〜1年程度の期間がかかります。