自己破産の基本的な知識と流れを詳しく説明しています。

自己破産に必要な書類

自己破産に必要な書類

場合によって必要となる書類

『給与所得がある場合』

『無職で生活保護を受けていない場合』

『生活保護、年金、扶助を受けている場合』

『自営業(申立て直近1年以内に辞めた場合も含む。)の場合』

『会社代表者(申立て直近1年以内に辞めた場合も含む。)の場合』

『退職金の支給が見込まれる場合』

『退職後間もない場合』

『自動車、バイクを所有している場合』

『生命保険に加入している場合』

『以前に生命保険に加入していた場合』

『不動産を所有している場合』

『現在賃貸契約をしている場合』

『クレジットカードを所有している場合』

『差押や仮差押をされている場合』

※住民票・戸籍謄本・固定資産額評価証明書・不動産登記簿謄本は原本を提出します。それ以外はA4判のコピーで提出します。

※破産申立てに必要な書類は、裁判所によって若干違いがありますので、実際に住んでいる所在地を管轄する地方裁判所に確認して下さい。