自己破産の基本的な知識と流れを詳しく説明しています。

自己破産のメリット

自分で自己破産の手続きをされる場合は、自己破産申立書が裁判所で受理された時点で取り立て行為が出来なくなります。
弁護士や司法書士などに依頼した場合は、その時点で取り立て行為が出来なくなります。
なぜ取り立て行為がなくなるかというと、自己破産の手続きを開始した人への取り立て行為は法律で禁止されているからです。

自己破産の手続きを開始すると、借金の総額を確定させるために、返済を止めることになります。
自分で自己破産の手続きをされる場合は、自己破産申立書が裁判所で受理された時点で返済を止めることになります。
弁護士や司法書士などに依頼した場合は、その時点で返済を止めることになります。

99万円(平均的な家計の3ヶ月分)以下の現金や20万円以下の預貯金、生活する上で必要最低限の家財道具は手元に置いておくことが出来ます。これを、差押禁止動産といいます。

自己破産申立てをして免責許可決定を受けたら、自己破産申立てをした時点までの全ての借金返済が免除されますので自己破産の後に得た収入や財産は、自由に生活費などに使えます。