自己破産の基本的な知識と流れを詳しく説明しています。

過払い金返還請求

過払い金返還請求とは

過払い金返還請求とは、利息制限法で決まっている利息の金利の上限を超えて支払った金額について、利息として支払ったのではなく、元本の返済として計算し直した時に元本を超えて払い過ぎている場合に、過払い金として返還を求めることで、裁判所も返還請求を認めています。

過払い金が発生するかどうかは、借り入れしている金額や期間、返済状況にもよりますが、一般的に5年以上返済を続けている場合、可能性は大きくなります。

契約期間中に過払い金返還請求をした場合、信用情報機関に「契約見直し」といった情報が登録されます。約5年間は信用情報機関に履歴が残りますので、その期間は、新たな借入れやローン、融資などは受けられなくなります。(2010年4月19日より、契約期間中に過払い金返還請求をしても信用情報機関に「契約見直し」といった情報が掲載されなくなりました。2010年4月19日より以前に過払い金返還請求をして信用情報機関に「契約見直し」と掲載されていた情報も削除されます。)

完済後の過払い金返還請求

借り入れを完済し終わっても10年間以内であれば、過払い金の返還請求が可能です。借り入れを完済し終わって消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社(キャッシング)などの貸金融業社との契約を解約すると信用情報機関に契約が終了したことが登録されます。
信用情報機関に契約が終了したことが登録されれば、情報の更新も終了されますので、その後に過払い金返還請求をした場合、信用情報機関(ブラックリスト)に「契約見直し」といった情報が更新されることはありません。

ただし、消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社(キャッシング)などの貸金融業社側の信用情報機関への報告日が違ったり信用情報機関側のデータ処理にかかる日数などの関係から、信用情報機関に契約終了の情報が反映されるまでの期間が異なり、まだ契約が終了した情報が登録される前に過払い金返還請求をしてしまうと、信用情報機関に「契約見直し」といった情報が登録されてしまいます。
ですので、消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社(キャッシング)などの貸金融業社との契約を解約した後に、ご自分の信用情報に消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社(キャッシング)などの貸金融業社との契約を解約した情報が登録されていることを信用情報機関で確認してから過払い金返還請求をすることをお勧めします。

※信用情報機関によって登録される情報の種類や定義、登録期間が異なります。

取引履歴の開示請求から過払い金返還請求までの流れ

取引履歴の開示請求から過払い金返還請求までの流れ

実際に過払い金返還請求をした体験談

実際に過払い金返還請求をした体験談を掲載してくれているサイトもあります。弁護士や司法書士に頼まずに自分で過払い金返還請求をしてみようとお考えの方は参考になると思います。