自己破産の基本的な知識と流れを詳しく説明しています。

ブラックリストとは

ブラックリストとは

実際にブラックリストというものはありません。 個人の信用情報の収集や管理をしている会社が複数あります。この個人の信用情報に、返済の遅滞や滞納または、債務整理(任意整理・特定調停・民事再生・自己破産)などの事故情報の履歴が掲載されることをブラックリストに載るといいます。

長期の滞納や任意整理・特定調停の事故情報が登録された場合は5年間、官報に載るような個人民事再生や自己破産の事故情報が登録された場合は7年間履歴が残りますのでその間は住宅ローンや車のローンなど新しくお金を借入れするのが難しくなります。

自分の信用情報が気になる方は、個人信用情報を取り扱っている会社に開示依頼をすればどのように登録されているのかを確認することが出来ます。本人以外は基本的に開示出来ません。

個人信用情報を取り扱っている会社

銀行、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社、リース会社は、個人信用情報を取り扱っている会社のいずれかに加盟しており、加盟している個人信用情報会社の情報を基に融資の審査をしています。