自己破産の基本的な知識と流れを詳しく説明しています。

みなし弁済とは

みなし弁済とは

みなし弁済とは、利息制限法で決まっている利息の金利の上限を超えている利息の契約は無効とされていますのが、貸金業規制法43条では、利息制限法で決まっている利息の金利の上限を超える利息であっても、借金を返済している方が任意に利息として支払った場合は、有効な利息であるとみなす決まりがあります。

消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社などの貸金融業者の多くは、このみなし弁済を利用して利息制限法を超えている部分の支払いも有効な利息であると主張することも少なくありませんが、このみなし弁済が適用されるためには5つの要件をすべて満たしていることを証明する必要があります。

5つの要件

消費者金融(サラ金)やクレジットカード会社などの貸金融業者の多くは、この要件をすべて満たしていることはほとんどありません。