自己破産の基本的な知識と流れを詳しく説明しています。

出資法とは

出資法とは

出資法とは、出資金の受入れ、預り金、浮貸し、金銭貸借の媒介手数料、金利について規制する法律で、貸金業者は年29.2%という利息の金利の上限が決められていて、違反すると5年以下の懲役若しくは1000万円(法人は3000万円)以下の罰金が科せられます。

また、出資法では決められている利息の金利の上限を超えての契約をしただけで 貸金業の登録取消や業務停止などが科されるので、多くの貸金業者はこの金利を超えない範囲で貸し付けています。

この金利を超えて貸し付けている業者が闇金(ヤミ金)と呼ばれています。